相続税はいつ自分の身に降りかかるかわかりません

一般の方にはあまりなじみのない税金だと思います。

実際、4.3%の方が対象になります。

自分の家族は資産家じゃないから全く大丈夫だなって思っている人が大部分だと思います。

だからといっていつ自分の身に降りかかるかっていうのは分かりません。

例えば、自分の父親がすでに亡くなっていて父方のお付き合いがない親族がいたとします。

父親のお父さんつまりお祖父さんが亡くなったんですがそちらが中々の資産家で、現金は持ってなくて、土地をたくさん持っていたとします。

自分の無くなったお父さんに相続権があるけど亡くなっているから繰り下がって自分が相続対象者になったら。

と言う風にあっという間に自分に相続税が降りかかってくるんですね。

しかも土地だから簡単に現金化できない。

その土地に家が建っていて、まだ誰か住んでいて売るに売れないとなればと考えたら中々スリリングですよね。

色々と対抗策もあって相続放棄とか限定相続とかいろいろあるけど、一般の方がいきなり身に覚えのない相続税払えって言われてもびっくりしてオロオロするだけですよね。

参考:相続放棄

是非とも資産家の方には自分がいなくなった後に自分か頑張って蓄えた資産の為に他の人に迷惑を掛けない様にしっかりと対策をしておいてほしいと思いますね。

相続税の計算は複雑?

相続税を計算する場合、まずは基礎控除等を除外しなければいけません。
そうして除外した結果の正味の相続額に対して計算する事になりますが、法律の改正によって相続税の税率や基礎控除額も変わっています。
また1億円以上の税率と控除額の細分化もなされており、素人にとってはどうしても簡単に算出する事が出来ず、良く分からないという人もいます。
また法定相続人の人数によっても基礎控除の額が変わってくる為、その計算になれていない人の場合はどこから手を付ければ良いのか、何が対象になるのかすら分からないという事もある程です。
素人にとって相続税がどれくらいの金額になるのか算出する事はなかなか難しい場合が多く、さらに慣れていないが為にミスが発生してしまう事があります。
税金の納税額の申告ミスは修正申告等をする事が出来ますが、そのタイミングによっては追徴課税が発生してしまう事もある為、無理に自分で納税額が何円になるのか調べる必要はありません。
この場合は税理士に相談すれば、自分の代わりに遺産を調べて税額を算出してもらう事が出来ます。
もちろんプロが行うので複雑な内容となったとしても安心して依頼する事が出来るというメリットがあります。
確かに税理士に依頼する事で費用は発生してしまいますが、自分で間違った税金の額を税務署に申告してしまったが為にペナルティを課せられた時の事を考えると、その費用を払っておいても決して損はありません。